学資保険の加入時期は早い方がお得?

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の加入時期は早い方がお得?

これまで保険なんて考えてこなかった家庭において、子供が産まれることになると死亡保障や医療保障と同じように考えるようになるのが学資保険です。自分たちの事は二の次にして、子供に不自由ない生活と教育の場を与えたいと思うのは親として当たり前のことです。かといって若い夫婦にとっては生活に十分な余裕が無いのも確かです。ここでは、学資保険に入ることを検討している人に向けて、加入時期はどれくらいが適切なのかについてまとめます。

 

学資保険に入るのは早い方が得

結論から言うと、学資保険に加入するのは早い方が得です。加入時期については、実際の返戻率と気持ち的な問題に違いが出てきます。保険会社としても早めに加入をしてもらいたいですから、加入時期が早ければ得するように設定されているのが一般的です。例として、0歳で加入をして15年間支払う場合と5歳で加入して10年間支払う場合とでは、平均して5%ほどの差が出てくることになります。長く見れば大きな差が無いように思えますが、300万円の戻りであれば、7万円ほどの差が出てくることになり家計に与えるインパクトは少なくありません。

 

加入時期を早めることで得られる安心感

学資保険には、死亡保障や医療保障が特約として付いています。5歳になってから学資保険に入ろうと思っていた家庭において、子供が3歳の時に交通事故に合って入院となっても保障を受けることができません。0歳で加入しておけば、医療保障があったわけですから入院時の保障を受けることが出来たのです。貯蓄面だけではなく、医療保障面からも加入時期を早めておく方が特になるのです。

 

加入時期を早めて支払いを早く終える

加入時期を早めると同時に、最終支払いの年齢を下げる学資保険のプランも検討してみてください。0歳から10歳までの支払いにしておけば、小学校を卒業して中学校に上がる頃に支払う金額が無くなるわけですから、いろんなお金が必要になる時期にこれまで支払っていた1万数千円が手元に残るのは家計へのメリットがとても大きいです。加入を検討している時は、毎月の1万数千円出費がかなり痛いと感じて踏みとどまってしまうかもしれませんが、入ってしまえば「そういうものだ」と残ったお金で計画を立てられるようになるものです。

 

学資保険には早めに入る

学資保険の加入時期は早い方が良いことが分かったかと思います。収入が多くない家庭がほとんどの中、学資保険に加入する人が多いのは様々なメリットがあるからです。この先の出費と収入の計算も未知数なところが多いのも確かでしょう。将来設計で少しでも不安があれば、無料の保険相談をして、ファイナンシャルプランナーの方からアドバイスを受けてみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング