学資保険の払込期間は短い方がお得になる!

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の払込期間は短い方がお得になる!

学資保険を検討している人に向けられたプランは、一般的に15歳や18歳、22歳まで支払いをするパターンになっています。払込期間が長ければ毎月の負担額が少ないため、保険商品としては「お手軽」であり「安い」商品に見えるわけです。月に1万円であれば、子供が産まれたばかりの家庭でも検討しやすくなります。学資保険の払込期間はどれくらいに設定するといいのでしょうか?払込期間と返戻率についてご説明をします。

 

学資保険の払込期間と返戻率について

学資保険の多くは、払込期間を選ぶことができるようになっています。10年間支払う場合と20年間支払う場合では、支払う回数が違いますから、支払金額も違います。簡単に言えば、10年の場合は20年の倍を支払っていかなければならなくなります。受け取る年齢が22歳の場合、20年支払うよりも10年支払う方が返戻率が良くなります。学資保険の払込期間は短い方がお得です。受け取る金額を少しでも多くしたいのであれば、払込期間は短い設定を検討するようにしましょう。

 

払込期間と祝い金について

学資保険は一括で受け取る方法と、祝い金として分割で受け取る方法があります。小学校卒業や中学校卒業など、お金が必要になりそうなタイミングで祝い金があると家計は助かりますし、どこか得をしたような気になります。ただし、祝い金はもらわずに一括で保険金を受け取った方が返戻率は良くなります。最初は祝い金の設定をしておき、祝い金を受け取る年齢になった時に延期させることもできますので、無理のない設定にしておくといいでしょう。

 

学資保険の払込期間のコツについて

学資保険の払込期間は、返戻率以外にもライフプランを想像しながら設定するといいでしょう。11歳と13歳では年間にかかるお金が違います。11歳で払込期間を設定しておけば、中学校に入るころに楽ができます。10年程度だと払込金額が高くて厳しい場合には、14歳までにするとか、17歳までにするとか、入学と時期をズラしておくと後々楽になることができます。

 

払込期間を短く設定しよう

いかがだったでしょうか。学資保険の払込期間は、返戻率だけではなくライフプランも頭に入れながら検討するのがベストです。また、返戻率が良いからといって毎月の支払額を高くし過ぎるのも禁物です。学資保険での貯蓄は無理が無いように払込期間を設定してください。どれくらいお得か、祝い金の設定はどうすればいいのか?など不明点は無料の保険相談に聞いてみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング