学資保険の元本保証にこだわる

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の元本保証にこだわる

学資保険は貯金を目的にしているため、預けたお金以上のものが返ってくるのが通常ではありますが、特約を付ける、受け取り期間を複数にするといった契約にすることで元本割れする可能性があります。元本保証にこだわらず、特約があるため学資保険を選ぶことも決して間違いではありません。ここでは、学資保険の元本保証についてご説明します。たくさんある学資保険の中からサービスを選ぶ際の参考にしてください。

学資保険の元本保証とは?

学資保険の元本保証とは、預けたお金が保証されているという意味です。毎月1万円で年間12万円、20年支払うと240万円支払ったことになりますよね。子供が契約で設定した年齢になった際に受け取る金額が240万円以上であることが元本保証です。逆に、受け取る金額が240万円を下回ることを元本割れといいます。では、預けた金額が元本保証されないのはどのような場合でしょうか。

学資保険に特約をつける

現在、銀行の金利はあってないようなものです。そのため、定期預金をするよりも学資保険の方がお得ではあるのですが、学資保険として預かったお金を運用する時にも不景気は影響しています。各保険会社とも工夫をして返戻率をあげようとしていますが、昔に比べると返ってくるお金が決して多いとは言えません。元本割れする要因の多くは、特約をつけているためです。子供の病気や怪我の特約を付けると、その保険分受け取る金額が減りますので元本割れが起こります。学資保険の特約の中には、他の保険と重複しているものもありますので、無駄にならないように特約を省く事も検討してみてください。

学資保険の受け取り金額を増やす施策

学資保険で元本保証をし、受け取る金額をできるだけ多くしようと思えば、最優先に検討すべきは特約を外す事です。その次に、払い込み期間を考えてみてください。払い込み期間を18年から10年に減らす事でたくさんの特約をつけても元本保証されることがあります。払い込み期間によって返戻率は変わりますので、無理のないように毎月の支払額を増やす検討をしてみてください。

元本保証の細かい内容はファイナンシャルプランナーへ

学資保険の元本保証は、資料だけを見て自分で計算するのもいいですが、無料保険相談にてストレートに、またシンプルに聞いてみるようにしましょう。簡単に言えばいくら得をするのか?と聞いてみると他の保険との比較もしやすいですし、ぼんやりと考えてきた学資保険に入る目的が見えてくるようになります。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング