学資保険をうまく利用して貯蓄、貯金をする方法

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険をうまく利用して貯蓄、貯金をする方法

学資保険とは、子供の進学に合わせて保険料が支払われ、契約者が死亡した際や子供の病気・けがを保障してくれる保険です。そのため、子供目線でついつい考えてしまうのですが、視点を変えれば掛けた保険金が多くなって返ってくる、銀行よりも利率が良い貯金であると考えることもできます。学資保険をうまく利用して、貯蓄、貯金をする方法についてまとめます。

 

学資保険は貯蓄、貯金の一部である

子供のための保険と考えられている学資保険ですが、一方で貯蓄、貯金をするために非常に有効的な保険であると考えることができます。現在の銀行利率では、貯金からもらえる利息は微々たるものであり、貯金額が多くない子供が小さい家庭では利息に期待することはできません。銀行の利息に期待できないのであれば、学資保険の返戻率を考えた方がよっぽどお得になるのです。保険の無料相談でファイナンシャルプランナーの方に相談をしてみると、貯蓄としてどれほど得になるのか、どの商品が良いのかを親身になって教えてくれることでしょう。

 

払わなければならないから貯蓄できる

学資保険が貯蓄しやすい理由は、契約をしたら払わなければならないという点にもあります。子供が出来た時、「これからは貯金をするぞ!」と思っても、十分な収入が無い場合は現在の生活を最優先に考えるでしょうし、今すぐにでも子供にはお金がかかるものです。貯金をしようと思っていても、なかなかできないのが当たり前なのです。学資保険に入れば、必ず保険料を支払わなければなりません。支払う義務が発生するため、嫌でも貯金が出来ていくのです。最初は生活が厳しいと感じることもあるでしょうが、払わなければならないと分かっていたら、自然と調整できるものなのです。

 

医療保険を見直す

貯金をするためには、出費を抑えなければなりません。結婚してすぐに死亡保険が充実した医療保険に入っている人は、学資保険の特約に頼ってしまうのもいいでしょう。死亡保険と同じような保障が学資保険についている場合は、保険料を抑えて保障をそのままにすることだって出来るのです。ファイナンシャルプランナーに相談をする場合は、現在入っている医療保険の保障内容を伝えるといいでしょう。今加入している保険がはたして適切なのかどうか、保険料と保障内容のバランスを取ることも貯蓄、貯金をしていく上では大切なことなのです。

 

貯蓄をするなら学資保険を選択する

学資保険を貯蓄、貯金に利用すると考えてみると、銀行への貯金よりもお得なことが分かったかと思います。なかなか貯金できなかった人は、学資保険の検討をしてみてください。また医療保険に入っている人は、学資保険の特約と比較するといいです。子供が出来たころから入る保険の組み合わせが複雑になりますので、保険の無料相談所でファイナンシャルプランナーに聞いてみるのも一つの方法です。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング