子供が生まれたら保険を見直すべき

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

子供が生まれた時の見直しポイント

結婚を機に保険に加入した人も多いでしょう。またしばらくは生活も厳しいので子供が生まれてから考えようとしている家庭もあるかと思います。保険に興味がなくても、子供が生まれた後は、将来の人生設計をしっかりとしておくことが重要であり、夫婦間での話し合いの場を持つようにしましょう。では実際に子供が生まれた際にはどのような保険に入ればいいのでしょうか。保険相談前の知識として概要を説明していきます。

 

子供が生まれたら生命保険を考えよう

まず家族が増えた場合に考えるべきなのが生命保険です。自分が死んでしまった場合に残された家族が安心して生活できるようにしておかなければなりません。結婚してすぐに保険の事を考えていなかった人も、子供が生まれたタイミングで生命保険の見直しをするようにしましょう。医療保険についても同様であり、子供が生まれたときにはお金が無い家庭がほとんどのはずです。医療費をカバーできるようにしておかなければ、貯めようと思っていた貯金も貯まっていきませんからね。

 

子供の学費について

子供が生まれた際に入りたい保険が学資保険です。学資保険は、将来学費がいくら必要かを計算して入るものですが、学資保険という形で貯蓄をするというイメージを持っておくといいでしょう。死亡保障がついている保険もありますが、保障専門の保険としては弱いので、何かあった時の補助的な役割として考えておいた方がいいです。また、子供が3人生まれたからといって3人全て学資保険に入るかどうかは支出金額と相談するようにしてください。通常に貯金するよりも、返戻率が良いため、急ぐ必要はありませんが、学資保険の検討はどこかでしておくべきです。

 

アカウント型保険について

自分で保障と積み立てのバランスを決めることができる保険として注目されているのがアカウント型の保険です。例えば、1万円は保障にして、3千円は積み立てにする、といったバランスを計画することができるようになっています。自由が利きますので設計しやすい反面、子供がうまれたばかりの夫婦にとっては運用が難しいと考えることもできます。生命保険や終身保険、学資保険は、自動的に積み立てされていきます。保険相談の際に勧められた際には、難易度が高い保険として十分に注意しておくようにしましょう。

 

まとめ

子供が生まれたら保険の事を真剣に考えるようになる夫婦が多いです。将来的に学費がいくら必要か考えて、学資保険の検討をするようにしましょう。また、生命保険や医療保険についても見直しをするか、まだ加入をしていない人は、残される家族が生活をしていくシーンを想像、計算して保険加入を検討してみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング