赤ちゃんが出来たら学資保険を検討しよう

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

赤ちゃんが出来たら学資保険を検討しよう

学資保険は、子供を持つ親にとってとても大切な保険の一つです。子供がいつ病気になっても経済面で不安になりたくありませんし、将来の進学についてもお金で心配したくありません。医療保険にウェイトを置くのか、返戻率にウェイトを置くのかはファイナンシャルプランナーと相談して決めてもいいでしょう。いつかは入りたい学資保険、どれくらいの時期から加入するといいのでしょうか。

 

学資保険を検討する

結婚して間もなく赤ちゃんが出来た場合、夫婦の収入も多くなく、経済面での不安をほとんどの人が持っているのではないでしょうか。とにかく健康に育ってほしいと願っていても頭のどこかには将来の事を思い浮かべるはずです。学資保険は、子供が進学する際に発生する学費や雑費をサポートしてくれる保険です。学資保険に入っておけば、経済面で不安な家庭であっても、精神的な余裕が生まれるようになります。学資保険に入る時期についてお勧めしたいのが、赤ちゃんが出来たタイミングです。

 

赤ちゃんができたら学資保険

子供が生まれて少し大きくなってきたころ、例えば幼稚園や保育園に入った頃に学資保険を考え出す家庭が大半ですが、実は赤ちゃんが出来たころから加入することができる学資保険が増えてきているのです。学資保険は、加入した年齢から受け取りまでの年齢までにかかる年数で毎月の支払額が決まります。よって、早く入れば入るほど、毎月の支払額を減らすことが出来るのです。また、保険会社によっては早く加入すれば保険料がお得になるところもあります。妊娠したころから学資保険の検討をしてみてください。

 

赤ちゃんができたときに学資保険加入をするメリット

赤ちゃんが出来たころは、家庭の収入も多くありません。そのため、少しでも身近にお金を置いておきたいものですが、早めに学資保険に入ってしまうことで嫌でも貯金をしていくことになります。お金に余裕が出来たら貯金をしようと思っている家庭も多いでしょうが、早めに学資保険加入の決断をしてしまい、払わなければならない状態にしておくことで自然にお金が溜まっていきます。徐々に学資保険に入っている安心感を感じるようになり、早めに入っておいて良かったと感じるはずです。

 

赤ちゃんができたらまずは無料保険相談を

学資保険が必要だということは分っていてもすぐに入れないものです。出来れば結婚してすぐにでもファイナンシャルプランナーに相談をしてみてください。両親の医療保険を解約して学資保険の特約を頼りにしてみるよう推薦されることもあるでしょうし、うまい貯金の仕方についても教えてくれるはずです。数ある学資保険の中から、何を選べばいいのか、いつ加入すればいいのか、ファイナンシャルプランナーのアドバイスを参考に、じっくりと検討してみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング